スマホでエクセル家計簿を使う方法

スポンサーリンク

スマホでエクセル家計簿を使う方法を説明します。

説明で使用するエクセル家計簿ファイルは、私のエクセル家計簿EKUBOです。

スマホのエクセルアプリでは、マクロボタンを使用できません。

他サイトでダウンロードしたマクロボタンを含むエクセルファイルを、スマホで使おうとするとファイルを壊してしまう可能性があります。

ご注意ください。

エクセル家計簿EKUBOは大丈夫です。

スポンサーリンク

設定方法

スマホでエクセル家計簿を使うには、パソコン側とスマホ側でそれぞれ設定作業が必要です。

パソコン側の設定

まずはパソコン側の設定を行いましょう。

パソコン側の設定手順
  • STEP1
    Microsoftアカウントを作成

    こちらからMicrosoftアカウントを作成しましょう。

    既にアカウントをお持ちの方には必要ありません。

  • STEP2
    OneDriveをインストール

    OneDriveとは?

    クラウド上でファイルを共有するための無料サービスです。

    Microsoftアカウントを持てば誰でも使うことができます。

    参考サイト:日本マイクロソフト

    パソコンにOneDriveがインストールされていない方は、アプリをダウンロードしてください。

    ※Windows10以降のパソコンには、すでにプリインストールされています。

    こちらからOneDriveをダウンロードしましょう。

    OneDriveをインストールするとフォルダが作成されます。

    このフォルダにあるファイルが共有されます。

    OneDriveフォルダの表示位置です。
    OneDriveフォルダ
  • STEP3
    OneDriveにサインイン

    OneDriveのフォルダを右クリックしてメニューを表示させましょう。

    設定をクリックします。

    OneDriveのメニュー上の設定の位置です。
    OneDriveの設定

    設定画面でMicrosoftアカウントを入力しましょう。

  • STEP4
    エクセル家計簿ファイルをOneDriveフォルダへ置く

    スマホで使いたいエクセル家計簿ファイルを、OneDriveのフォルダへ置きましょう。

    OneDriveフォルダにあるエクセル家計簿ファイルの表示です。
    OneDriveフォルダのエクセル家計簿ファイル
  • STEP5
    同期ファイルの選択設定

    エクセル家計簿ファイルだけ、スマホと同期されるように設定しましょう。

    初期設定のままだと、ドキュメントフォルダ、画像フォルダ、添付ファイルフォルダも勝手に同期されてしまいます。

    多くのファイルがあると、処理が重くなる原因になります。

    OneDriveの設定画面を開きましょう。

    アカウントを選択し、次にフォルダの選択を選択します。

    OneDrive設定画面のアカウントタブにあるフォルダの選択の表示位置です。
    OneDrive設定画面のアカウントタブ

    ドキュメントフォルダ、画像フォルダ、添付ファイルフォルダ のチェックマークを外しましょう。

    選択すべき同期フォルダーの設定例です。
    同期フォルダーの選択

    これによりエクセル家計簿ファイルのみが、OneDriveのクラウド上に常に保存されます。

パソコン側の設定は以上です。

この後スマホ側設定をすることで、OneDriveのクラウドにアクセスすることが出来きます。

するとクラウド上にあるエクセル家計簿ファイルを使うことが出来るわけです。

スマホ側の設定

スマホ側の設定方法を説明します。

スマートフォンにはAndroid端末とiPhone端末があります。

ここでの説明画像はiPhone端末のものを用いていますが、Android端末と大きな違いはありません。

エクセル家計簿EKUBOは、iPhone端末とAndroid端末の両方で使うことが出来ます。

スマホ側の設定手順
  • STEP1
    Excelアプリをインストール

    エクセル家計簿ファイルを使いたいスマホにExcelアプリをインストールしましょう。

    無料なので安心してダウンロードしてください。

    iPhone版はこちら

    Android版はこちら

  • STEP2
    Microsoftアカウントでサインイン

    パソコン側でOneDriveにサインインしたものと同じMicrosoftアカウントで、サインインします。

以上でスマホ側での設定は完了です。
これでスマホでエクセル家計簿EKUBOを使う準備が整いました。

さぁ始めましょう!

スマホ版エクセルの操作方法

スマホ版エクセルの使い方を説明します。

エクセル家計簿EKUBOの操作に必要なことのみを説明します。

スマホはiPhone端末を使用しました。Android端末でも使用方法はほぼ一緒です。

家計の入力手順
  • STEP1
    ファイルを開く

    エクセル家計簿EKUBOのファイルを開くと、注意喚起の表示がされます。

    詳細をタップしてみると、 このバージョンのMicrosoft Excelでは、VBAマクロを実行することができません。とあります。

    その通りです。

    閉じるをタップしてください。

    毎回、表示されますが無視して大丈夫です。

    画面の邪魔になるようであれば、その都度閉じてください。

  • STEP2
    月別収支シートの選択

    家計の入力には月別収支シートを使用します。

    入力する月別収支シートを選択します。

    スマホ画面の月別収支シートの表示位置です。
    月別収支シート選択
  • STEP3
    家計の入力

    パソコンでの入力手順と同様です。

    セルをタップしてリストから選択しましょう。

    金額のセルはタップ入力です。

    編集バーをタップすると入力画面が表示されます。

    編集バーとは?

    画面上部にある入力領域のことです。

    編集バーの表示位置です。
    編集バー

    ここではキーボード形式での入力がおすすめです。

    キーボード入力への変更画面です。
    キーボード入力

    入力したらチェックマークをタップして完了しましょう。

    入力完了のチェックマーク位置です。
    入力完了のチェックマーク
  • STEP4
    ファイルを閉じる

    最後にファイルを閉じて保存しましょう。

    ファイルを閉じるボタンの表示位置です。
    ファイルを閉じる

    見当たらない場合は画面を上部へスクロールすると表示されます。

    それでも閉じるボタンが表示されない場合は、編集タブが表示されたままかもしれません。

    編集タブはすぐ閉じるようにしておきましょう。

レジに並んでいる間に金額以外の項目を入力しておいて、支払い直後に金額を打ち込むとスムーズです。

スマホでエクセル家計簿を使えるようになると、レシートが溜まらないので便利ですね。

またOneDriveを活用すると、家族とエクセル家計簿を共有することも出来ます。

長くなるので別記事で説明します。

よくある質問

  1. 私のスマホでも使えますか?

    AndroidでもiPhoneでも使えます。
    私はiPhoneSEで使っています。
    画面が小さいですが、横向きにすると見やすくなります。
    iPhoneSEでエクセル家計簿EKUBOの使用する例です。

  2. 家計の入力以外にできることはありますか?

    ピボットテーブルの更新ができます。
    ピボットテーブル上で長押しタップすると、メニューが表示されます。
    更新を選択するとピボットテーブルが更新されます。

タイトルとURLをコピーしました